img_02

グループウェアを比較して採用する

グループウェアはデータの転送といった手間を省き、その会社内でデータを共有できる次世代型のテクノロジーです。


このシステムは転送の手間だけではなく、各々が必要なときに必要な資料データをダウンロードできるので、転送ミスで社内情報を外部に漏らすといったリスクも減らすことができます。



またサーバ管理や運用といった特別な知識も不要なので、中小企業であっても気軽に導入できることもあり広がりつつあります。


グループウェアには海外製のものも国産のものもあり、それぞれを比較して一番見合ったものを導入することができるので比較は重要になります。

国産は日本企業のことをよく理解した上で製作されているので良くわからないまま利用するとなれば比較的運用もしやすくなります。



この比較には基本的な機能の有無もあり、ただ単にデータの引き出しができるといったことではなく、web会議といったものができたり、社内名簿、ドキュメントの作成が可能か、また対応言語の数といったものまでさまざまです。
海外製グループウェアの場合、多国間の利用を想定しているために利用言語が数十ある場合もあれば、国産グループウェアでは日本語のみや、英語や中国語といった主用言語のみといった場合もあります。

日本国内産にしかない機能も十分にあるので、国内や多言語の必要がない海外支社などの中小企業であれば国産でも十分に利用可能でしょう。



基本的な機能はもちろん、提供側のホームページなどでも他社との独自機能や利用方法の比較を公開しているので、それらを見比べた上で自社にあった最適な商品を選ぶことが重要となります。