img_02

無料のグループウェアの種類について理解をする

ソフトウェアベンダーなどが販売している有料のグループウェアに対して、近年は無料のソフトウェアも登場しており、利用者が増加しています。

提供しているベンダーはウェブサービス会社であることが多いため、ソフトウェアの形態もオンラインサービスとなっているケースが多く見られます。

またそれに関連してウェブサービスを多数取り込んでいるのが大きな特徴で、はじめからクラウド機能を有しているタイプのグループウェアも多数見られます。
これらのソフトウェアが無料で提供される理由は、フリーミアムと呼ばれる基本機能は無償で提供しつつ、追加サービスや付加価値の高い機能の提供には有償で応えるという、ビジネスモデルを採っているところが多いためです。



無料ユーザーが多くても、少しの有償ユーザーが存在すればビジネスが成り立つため、ユーザーの積極的な取り込みを行なっています。

今、評判なのはこちらのTwitterについての情報ならこのサイトです。

また他のビジネスモデルとして無償で全ての機能を利用出来る代わりに、クラウド用のクライアントソフトを導入してもらい、クラウドサーバーとして提供企業が余剰コンピュータ資源を活用させてもらうという、ユニークな手法で利益を上げているグループウェアも存在します。



またわずかですが、完全にフリーウェアとして存在するグループウェアも有志によって提供されています。

このように無料のグループウェアでもその提供される目的や、理念はそれぞれ違ったものがあり、それがソフトウェアのそれぞれの特徴にも現れています。