img_02

企業内情報活用のための賢いグループウェアの選定方法

現代の経済活動において、ITシステムを使った企業内での情報共有や情報活用は必須のことになっています。


必要な情報を迅速に発信し共有し、情報管理の効率を高め企業活動を活発化することが求められています。
このITシステムを使用した企業内でのネットワークのソフトウェアシステムを、グループウェアといいます。

これまでは、自社内にサーバーを設置し専用ケーブルで各端末を繋ぐシステムが主流でした。
このシステムを維持管理するために、選任のシステム担当者を配し日常のメンテナンスも含め対応する必要があります。



昨今、グループウェアは大企業のみならず中小企業でも採用され始めています。


インターネットの発達によって、このような経済活動の要請を受けて、クラウド型のグループウェアのサービスが提供されて来ています。
クラウド型の特徴として、これまでの専用のシステム導入と違い、初期の設備導入費用がかからない、システムの維持管理に選任の担当者を必要としないためランニングコストが大幅に削減できる等があげられます。

安心、信頼の日本経済新聞情報を網羅した総合サイトです。

また、急な端末の増減にも対応できることもあり、多くの企業に採用されつつあります。



サービスを提供する企業によってサービス内容や費用に違いがあり、自社のグループウェア立ち上げに適したサービスを検討し選定することが大切です。

社内の機密情報を第三者のサービスに任せることが出来ないとう判断であれば、これまでの専用システムを選択することも必要です。
企業の目的に合わせ、適切な情報共有・情報管理を進めていけば良いということです。